ファッション知識

2024年最新メンズファッショントレンド7選【元アパレル店長が解説】

2024年最新メンズファッショントレンド7選

ハイブランド・ドメスティックブランドでは夏のアイテムリリースが始まっています。

中価格帯のブランドでも3月は春物が終わり、夏の半袖のリリースされています。

今年の気温気候はなかなか温度が上がらず、春がもう来ずに冬の後すぐ夏が来るんじゃないかとアパレル業界では言われております。

正直な話をすると、アパレル業界では今年は春服が売れず、冬が長すぎたせいでまだダウンが売れてたりします。

ただ、本日(2024年5月10日)ZOZOTOWNのランキングを見ると半袖がトップにランクインしてきています。

そのため、今抑えておかないといけないのは春のトレンドではなく夏服のトレンドです。

そこで、この記事ではこれさえ抑えておけばおしゃれな夏を過ごせる!というメンズファッションのポイントを紹介してきます。

トレンド①ピグメント加工のTシャツとレトロボーダーのTシャツ

まず1つ目のトレンドはTシャツです。

これは私も含めて必ず毎年1 枚以上、なんなら3枚10枚と買うアイテムですね。

しかしただ単に「夏はTシャツ買ってくださいね」という話ではありません。

どんなTシャツを買えばいいのかを紹介していきます。

Tシャツは正直、白と黒は毎年買うと思いますし私自身も買うのですが、2色目3色目と手を出していく時にこの夏着ているとおしゃれな柄素材があります。

それが「ピグメント加工」と「レトロボーダー」です。

ピグメント加工のTシャツ

この夏ほとんどのブランドから出るであろうトレンドの加工がピグピグメントです。

ピグメントとは何かというと古着風の染色加工のことを指します。

この後紹介する今年の夏のトレンドのデニムもそうなんですが、ケミカルウォッシュだっ たりとかオーバーダイ加工といったものもあります。

このようなヴィンテージ風な加工をされているT シャツが今年はめちゃくちゃ流行ります。

2年3年前ぐらいからもう徐々に浸透してきてトレンドになりつつあります。

今年はこういった生地感のTシャツを着ているとおしゃれな雰囲気を出すことができます。

レトロボーダーのTシャツ

そしてもひとつが古着っぽいレトロなボーダーですね。

ボーダーと言ってもシンプルな今風のボーダーではなく、少し古っぽいレトロなボーダーが流行ります。

この2種類はGUからハイブランドまで幅広いブランドが出すので、実際に見て自分に合うものをチョイスしましょう。

トレンド②ポンチとコットン100%素材のTシャツ

2つ目はおすすめの素材です。

この夏のTシャツの素材としてはポンチとコットン100%の2つがトレンドになります。

おそらく今年はポンチがめちゃくちゃ流行ります。

今年からは

  • ヘビーウェイトのコットンのガシガシした生地
  • ポンチのトロっと滑らかな接触冷感のあるような科学の力を生かし切ったTシャツの生地

どちらもトレンドになるんじゃないかと言われております。

この理由としては、トレンドがもう飽和していることが要因としては大きいです。

今まではファッションインフルエンサーの現地さんが1人でファッションのトレンドを確立するような時代でした。

それこそもっと昔になれば雑誌時代であったりさらに昔になれば「木村拓哉さんが着ていたらもうこれがトレンド!」みたいなそういった時代もありました。

しかし今はSNS時代で様々なインフルエンサーや様々な価格帯のブランドが乱立しているため、トレンドが1つに絞られづらい傾向にあります。

特にこういったT シャツのように毎年購入するアイテムっていうのはそういったトレンドの飽和が起きています。

そのため、この夏はTシャツの素材としてはポンチとコットン100%の2つが来ると思います。

トレンド③ハーフジップ

ハーフジップは私が大学生だった2019年ぐらいにめちゃくちゃトレンドになりました。

そこで落ち着いて、なくなったかと思いきや去年爆発してモード系やストリート系などの綺麗め系のどのブランドでもハーフジップが出ていました。

この夏はさらに激戦区のハーフジップのトレンドが来るんじゃないかと言われています。

特に夏のビッグシルエットハーフジップは誰でも着やすいのが特徴です。

  • 袖にLINEが入ってるようなストリートな商品
  • 綺麗めなブランドから出るジップがと小さくて柄も入ってない商品

など様々なものが乱立するので自分の好みに合わせて選んでいきましょう。

ただそうなると飽和してしまうので、周りとの差別化を考えるのも重要です。

例えば

  • 袖にラインが入っている
  • ジップの形が特殊

といったちょっと特殊なハーフジップのTシャツを選ぶとおしゃれな印象につながります。

また、シルエットとしてはビッグシルエットがおすすめです。

ハーフジップのアイテムは首元が詰まっているため、タイトなものを夏に着ると苦しい印象を与えてしまいます。

少し大きめのサイズを選んで涼しげなスタイルにしていくと良いでしょう。

トレンド④2024年ナンバーワン激戦区のポロシャツ

3つ目はポロシャツです。

世の中のファッション事情の中で、今年の売上1番激戦区になる可能性が高いです。

多くのブランドで一番の売上になるんじゃないかなって言われているのがポロシャツです。

ポロシャツは今年絶対に流行ります。

ハーフジップと違ってポロシャツはファッションの情報を追いかけている人から着ていくと思います。

そのため、ハーフジップよりも周りに差別化ができておしゃれをアピールしやすいはずです。

例えばZOZOTOWNの去年夏のランキング総合アイテムでフレッドペリーの猫のポロシャツ1位とか3位とかによくいました。

これは去年の夏ZOZOTOWNで1番売れた商品と言っても過言ではありません。

ただ他の日本の中価格帯からプチプラのブランドは、ポロシャツに手を出してないブランドの方が多いです。

そのため、おそらく今年は多くのブランドがポロシャツに力を入れる可能性が高いです。

おしゃれなポロシャツの選び方

ポロシャツはとにかくいい生地のものを買うとおしゃれに見えます。

触り心地や見た目の雰囲気を重視しましょう。

また、シルエットとしてはタイトなのが定番になります。

ただ、今年はビッグシルエットがトレンドというのも相まって、ビッグシルエットのポロシャツが増えると思います。

是非ビッグシルエットでポロシャツ選んでみてください。

タイトなポロシャツよりビッグシレットのポロシャツの方が着回すのも簡単で、使い勝手が良いです。

トレンド⑤上級者向けのゲームシャツ

5つ目は、少し上級向けのアイテムですが、おしゃれさんたちの中でも注目されるアイテムがあります。

それがゲームシャツやゲーム系のアイテムです。

ここで言うゲームとはスポーツのゲームのことです。

このアイテムは、2022年ごろから海外のZ世代の間で結構流行ってきた経緯があります。

実際にこれを着ている人を見かけることも多くなりました。

ゲームシャツやサッカーユニフォームのような、ちょっとレトロな80年代や90年代のユニフォーム的なアイテムは、間違いなくトレンドです。

特に最近、ある展示会に出展した際、非常に人気があったようです。

また、コードグラフィという韓国ブランドではゲーム系のトレンドを捉えたラインナップを展開しており、想像以上に売れ行きが良いです。

ゲームシャツは特にデニムやカーゴパンツは相性が良いです。

ポイントはビッグシルエットです。

タイトなものだと、まるでユニフォームのようになってしまうので注意してください。

トレンド⑥パンツのトレンドは加工感の強いデニム

次は、パンツのトレンドを紹介します。

今年のトレンドの一つは、加工感の強いデニムです。

例えば、強い加工が施されたデニムが特に人気です。

デニムのトレンドは続いており、市場規模も拡大しており、来年もトレンドが続くと予想されます。

今年はケミカルウォッシュやオーバーダイ、グラデーション加工などが注目されています。

特に、夏にはクラッシュやダメージのデニムが人気です。

デニムは私自身も特に好きで、店でも多くのデニムのアイテムを取り扱ってきました。

デニムの魅力は、トレンドに左右されず廃れにくいところにあります。

デニムを履かない理由として、「トレンドじゃないから」というのはないですよね。

デニムは穴が開いたり、加工が施されたりしても、それが味になると思います。

古着のような風合いや、加工されたデニムも、経年劣化の美しさが魅力です。

私自身も、お父さんからのお下がりのデニムを受け継いできましたが、長く愛用できる頼れるアイテムだと思います。

この夏も、ぜひデニムをたくさん履いてみてください。

トレンド⑦バッグの3つのトレンド

最後に、今年のバッグのトレンドを紹介しておきます。

デカバッグはトレンドではありますが、それだけが全てではありません。

コーディネートに合ったバッグであればおしゃれに見えます。

私の個人的な意見としてバッグをコーディネートに使う際には、以下の3つの形に注目してみると良いかもしれません。

デカバッグ

まずはデカバッグ、つまり大きめのバッグです。

名前の通り、とても大きいバッグで、素材はトレンドのテック系や最近GUでも紹介されたレザー系キャンバス生地などが使われています。

デカバッグは収納力が高く利便性があり、通学でも使えるしおしゃれ着としても使えます。

素材選びさえ間違えなければ、サラリーマンの方でも使えると思います。

ショルダーバッグ

次に、ショルダーバッグです。

トレンドが来たのはもう5~6年前ですが、今でもトレンドが続いています。

洋服自体がビッグシルエットになっていく中で、リュックサックや大きめのバッグが着心地が悪いということもあると思います。

そういった中で、小さいバッグがトレンドになってきているのではないかと思います。

ハイブランドからもたくさん出ていて夏に特に使いやすいので、選んでみて欲しいと思います。

ショルダーバッグを選ぶ際のポイントとして、肩掛けもできるけどハンドバッグにもなるタイプが便利だと思います。

毎回ショルダーにかけるのはちょっと手間がかかりますが、手持ちでも持っていけるのは楽でいいです。

このバッグは紐を垂らしても可愛いですが、外すこともできるので、選んでみてください。

ナップサックのように持てるバッグ

最後のアイテムはナップザックのように持つことができる大き目のバッグです。

なぜこれをトレンドと言いたいのかというと、周りのおしゃれ感度の高いインフルエンサーたちが今作っているからです。

そういった背景もあり、私も作っていこうかなと考え始めた時期でもあります。

皆さんもぜひ、今後の動向に注目してみてください。

2024年夏のファッショントレンドを理解しておしゃれを楽しもう

今回は今年の夏のメンズファッションのトレンドについて紹介してきました。

ファッションは素材やサイズ感によって与える印象は大きく異なります。

この記事で紹介したポイントを意識しつつ自分の好みをうまく取り込んでファッションを楽しんでいきましょう。

-ファッション知識

© 2024 メンズファッション情報局