コーディネート

大人ミニマリストのメンズ春コーデ3選【30代~40代向け】

大人ミニマリストのメンズ春コーデ3選

最近ではファッション業界でもミニマリストというワードがトレンドになっています。

「ファッションが好きだ」というと家のクローゼットが服やカバンだらけだとイメージされる方も少なくありません。

しかし私は少ないアイテムで様々な着こなしができるように考えているので、意外とクローゼットはさっぱりしています。

私と同じように、「服の数を多く持ちたくない方」や「ミニマリスト的な考え方でファッションを楽しみたい大人の男性」は意外と多いのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて、具体的なミニマリストコーデを3つご紹介していきます。

オーバーサイズをメインにした着こなし

まず1つ目のコーデは、ライトな丈のアウターです。

アウターはワークジャケットやカバーオール

ワークジャケットやカバーオールと呼ばれるジャンルのアイテムをメインにした着こなしです。

ワークジャケットはスティルバイハンドというブランドのものがおすすめです。

ワークジャケットはお尻のほとんどが隠れる程度の長さがあり、大人っぽい雰囲気を醸し出します。

また、スッキリとしたデザインなので気軽に羽織ることができます。

代用アイテムとしては、ユニクロのオーバーサイズシャツやデニムのカバーオールが近しいアイテムとして挙げられます。

インナーはボーダーのカットソー

コーデの内側には、ボーダーのカットソーを取り入れます。

これは動きを出すのに良く、シンプルなミニマリストの着こなしに動きを加えることができます。

ボーダーのカットソーは単調な印象を打破し、1枚持っておくと便利です。

代用アイテムとしては、ユニクロのエアリズムコットンのオーバーサイズクルーネックTシャツのマイクロボーダー柄が良いでしょう。

ボトムスはブラックのパンツ

ボトムスは相変わらずブラックのパンツです。

ミニマリストの着こなしにはブラック系のパンツが間違いない選択です。

シルエットで言うと、少しゆるい方がミニマリストのライフスタイルに合うと思うので、ユニクロのタックワイドパンツのブラックなどを使ったコーディネートがバランスよく見えると思います。

足元はサロモンのXT6

足元は、今回は3つの着こなし全てに同じスニーカーを使おうと思います。

スニーカーはたくさんバリエーションがあると着こなしを楽しめますが、今回は1つに絞りました。

サロモンのXT6というモデルを使用します。

私もこれを履いて3年ほど経ちますが、意外と頑丈で汚れにくく、劣化もしにくいのでかなり便利だと思います。

ブラックなのですが、所々に赤や青、黄色を使っているので、ちょっとしたアクセントにもなり、重たくなりすぎないです。

テック感を取り入れるのもミニマリストの着こなしに合いやすいと思うので、このコーディネートを参考にしていただきたいです。

手持ちのもので代用でもOK

再現する必要はなく、手持ちのもので代用するのも良いと思います。

例えば、内側に着るTシャツはボーダーでも良いですが、無地の白Tシャツでも良いと思います。

また、スニーカーも白レザースニーカーを使うのも全く問題はないと思います。

この着こなしのベースは、シャツアウターやカバーオール系の丈が長すぎず短すぎずのアウターを使って構成すると、春にも秋にも使える着こなしが簡単に完成しますので、試してみてください。

スポーティな着こなし

続いて2つ目の着こなしですが、先ほどよりも少しスポーティな雰囲気を作ってみました。

ベースはボーダーのTシャツ

まず、ベースになるのは、ボーダーのTシャツです。

先ほどと全く同じものを使用します。

ボーダーのTシャツは、私の中ではマイブームで何枚か持っています。

着こなしの中でちょっとしたアクセントになるので、シャツアウターなどとも相性が良いです。

アウターはナイロンジャケット風のフード付きアウター

今回は、少しスポーティーな雰囲気を演出するために、ナイロンジャケット風のフード付きアウターを合わせています。

ブラックのアウターは季節感に関係なく使えるので、春にも秋にも活躍するアイテムです。

おすすめのアウターは、スティーブアーナンというブランドのものです。

このようなコンパクトジャケットやハイドレーナウィンドジャケットなど、ノースフェイスの代用品でも良いです。

フードがつくだけで、少しスポーティーな印象になるので、使い勝手が良いです。

ボトムスはホワイトのパンツ

上半身は少しスポーティーな感じにしましたが、ボトムスはブラックを選ぶと、ミニマリスト的にはありがちなスタイルになります。

個人的には、バリエーションを出したくて、ホワイトのパンツを選びました。

白パンツは洗濯機に入れて洗うことができるので、汚れやすい印象もありますが、積極的に選択することができます。

普通のデニムに比べて色を気にしなくていいので、ブルーデニムよりもホワイトデニムの方が意外と手入れしやすいという実感を持っています。

なので、ブラックのパンツともう1本は白系のパンツで、雰囲気を思い切り変えるような形で今回は組み合わせてみました。

足元に関しては、先ほどと同じくXT6サロモン

足元に関しては、先ほどと同じくXT6サロモンのモデルを使っています。

ブラック系のパンツと合わせて足長効果を出すのも良いと思いますし、白パンと合わせてコントラストを高めた着こなしを作ることもできます。

これ一着あれば、結構使い勝手がいいです。

上半身が特にスポーティーなので、スポーティーな足元も相性が良かったです。

このような着こなしも1つ参考にしていただきたいなと思っています。

今回のコーディネートではホワイトのパンツを選んでいますが、もしも白パンは汚れるのが苦手だという方は、グレー系のパンツを合わせても相性がいいのでおすすめです。

この辺りはお好みやライフスタイルに合わせて選んでいただきたいなと思います。

鉄板ミニマリストコーデ

続いてラストの3つ目のミニマリストスタイルコーデなんですが、これが1番の鉄板かなと思います。

僕自身も好きで、このような着こなしはよくしています。

解説するとすごく簡単ですね。

インナーは白の無地Tシャツ

1番内側に白の無地Tシャツになります。

もちろん、プリントが入っていてもいいですが、基本的には前を閉めているとそんなに見える部分は大きくないので、その辺りはお好みで選んでください。

そしてその上には、ブルーの無地シャツです。

これは本当に使い勝手がいいシャツで、着るだけで簡単にスタイリングが組めますし、清潔感や大人の上品さもしっかりと出せるので、1枚は持っておきたいアイテムかなと思います。

サイズ感的には適度にゆとりがあり、ちょっとシワになっても嫌にならないようなものですね。

こういったものが特に使いやすいかなと思います。

シャツというと毎回アイロンしなくちゃいけないイメージを持たれている方もいらっしゃるかなと思いますが、僕は結構雑に着ることが多いです。

足元はブラックのパンツを合わせてXT6

足元はブラックのパンツを合わせて、シューズは足元はXT6を使っています。

この辺りは先ほどと変わらないので、アイテム数をかなり限定することができるかなと思います。

ブラックのパンツなんですが、僕は生地の特性として薄すぎず暑すぎないものを選んでいます。

これはほぼオールシーズン使いたいからなんですね。

秋風のちょっと温かい素材のものだとか、春夏の薄いやつも持っておくと便利なんですが、そうするとアイテム数が増えてしまいます。

ちょうど3シーズンぐらい使えるような素材感で、あまり季節に特化していないようなブラックのパンツの方が使いやすいのでおすすめです。

ミニマリスト的な発想で少数性の服だけでクローゼットを構成するのは、日々の着こなしにおいても楽なんですよね。

たくさん服がある中から選び取るのって結構手間もかかりますし、ストレスもかかるかなと思うんですが、少数性の服であればあるほどどれもヘビロテしています。

着こなしを考えるのも簡単ですし、それぞれのアイテムに愛着があれば毎日気分が上がる着こなしを作ることも難しくないかなと思うんですね。

うまく着まわして少ないアイテムで着こなそう!

今回はミニマリストの春の着こなしというテーマでしたが、「いろんな服を持っていて日々の着こなしに悩んでしまう!」というかたは、まずは断捨離をして少数性の服だけを残す作業をしてみましょう。

その上でも、今回ご紹介した3つの着こなしはそれぞれまた個性が異なるような着こなしができたかなと思います。

この着こなしは春だけではなくて秋にも使うことができたりするので、アイテムの点数を増やさなくても様々な季節に応用できるます。

よかったら今後の着こなしの参考にしてくださいね!

-コーディネート

© 2024 メンズファッション情報局