コーディネート

ミニマリストの秋服はこの5点でOK|着こなしパターンと合わせて解説

ミニマリストの秋服はこの5点でOK

今回は、「ミニマリストの秋服はこの5点だけあればいい」というテーマでお届けしたいと思います。

日々YouTubeやInstagram、Webの記事や雑誌などで様々な魅力的な服を目にすると、ついつい購入してしまい、クローゼットがいっぱいになってしまうこともあると思います。

その結果、どんな着こなしをすれば良いか迷ったり、自分の好みが分からなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。

実は、僕自身もそのような経験があります。

仕事柄、いろいろな服を購入するので、自宅や事務所のクローゼットは常にパンパンな状態です。

そのため、もっと分かりやすく、すっきりとクローゼットを整理したいと思うことがよくあります。

僕は完全なミニマリストではありませんが、もし僕がミニマリストだったら、この秋は今回紹介する5点だけで過ごすだろうな、と考えてみました。

現に、僕の休日の私服はかなり少なめです。

そのため、ミニマリストの方に提案できるような服、またミニマリストではないけれどこれからミニマリスト的に服を楽しみたいという方に向けて厳選した5つのアイテムを用意しました。

MUJIラボの燃えにくい素材を使ったカバーオールジャケットのブラック

スポーティな着こなし

まず一つ目にご紹介したいのは、MUJIラボの燃えにくい素材を使ったカバーオールジャケットのブラックです。

価格は9,990円です。

今季はアウトドアや外遊びなどの場面でもしっかり使えるように、汚れや水に強い素材のものが増えています。

これらはミニマリストのライフスタイルに非常にマッチすると思います。

通常はユニクロや無印良品の商品をミニマリストの方にもおすすめすることが多いのですが、ムジラボはデザイン的にトレンド感がありつつ、無印良品らしい素材使いや機能性、そしてミニマルな雰囲気が特徴です。

ミニマリストの方には特に相性の良いブランドだと感じています。

MUJIラボのノーカラージャケット

カーディガンを着る男性

続いて2点目ですが、こちらも無印良品の「MUJIラボ」から選出したアイテムです。

今回は、汚れが落ちやすいノーカラージャケットをご紹介します。

カラー展開はブラックとチャコールグレーの2色で、どちらも魅力的です。

ミニマリストの代表的なカラーはブラックなので、こちらを選ぶ方が多いと思いますが、チャコールグレーもブラックと同様に非常に使いやすいので個人的にはおすすめです。

素材はポリエステルで、一般的なカーディガンのコットンやウールではなく、ポリエステル製です。

このため、カーディガンでありながらスポーティな雰囲気も漂う1枚となっています。

サイズ感はゆったりめのドロップショルダーで、ノースフェイスなどでも見かけるようなデザインに近いですが、こちらの方が大胆に大きめのサイズ感です。

トレンド感が満載で、見た目は地味ですが、実際に着ると非常に良い印象です。

サイズ選びは少し大きめを選ぶと、ミニマリストの方にも相性が良いのではないかと思います。

汚れが落ちやすいのが特徴

このノーカラージャケットは「汚れが落ちやすい」という特徴があります。

展示会では実際にラー油をかけて汚れが落ちるかどうか実験しましたが、かなり汚れが落ちやすかったです。

日常での汚れが付きづらいという点は、ミニマリストの方にとって非常に嬉しいポイントです。

使える季節が長いのも魅力

また、素材がポリエステルなので、使える季節が長いのも魅力です。

夏の終わりにTシャツの上に着たり、秋冬に使ったり、さらには春にも使えるので、3シーズン使えるという点で、長く使えるアイテムとなっています。

ミニマリスト的には非常に実用的な一着です。

先ほどのカバーオールをブラックにして、こちらをチャコールグレーにすると、モノトーンで非常にかっこいい組み合わせになります。

これはかなり使い勝手が良いと思います。

価格は7990円で、カーディガンとしては決して安くはないですが、モード感が溢れていてシンプルでミニマルなデザインながらも今っぽさを兼ね備えていますので、おすすめできるアイテムです。

ストライプ柄のレギュラーカラーシャツ

ストライプシャツ

続いて3点目は、ストライプ柄のレギュラーカラーシャツです。

これは秋に使いやすいアイテムで、ミニマリスト企画の際にもよく紹介することが多いです。

なぜミニマリストとは縁が遠いような柄物を紹介するのかというと、ミニマリストのアイテムはシンプルでモノトーンや無地のものが多いため、着こなしが地味で退屈になりがちです。

そこで、アクセントになるアイテムを1点でも用意しておくと、コーディネートに華やかさを加えることができます。

無地系のアイテムと相性が良く、トレンドに左右されずに長く使える柄物が1つあると便利です。

ストライプ柄のシャツは特におすすめで、私もユニフォーム感覚で着ています。

夏の終わりから秋の始まりにかけて、Tシャツの上に1枚羽織るだけで、簡単におしゃれな着こなしが完成します。

また、季節が進んだらカバーオールやカーディガンと合わせることもでき、重ね着の際のインナーとしても活躍します。

ストライプ柄のシャツは、上に何か羽織った時に内側に柄が見えることで良いアクセントになります。

無地だとシンプルすぎてしまうので、トップスとしてストライプ柄のシャツがあると非常に便利です。

ポイントは襟型とサイズ感

ポイントはまず襟型です。

バンドカラーシャツのような襟をすっきりさせたものでもいいですし、レギュラーカラーシャツのような通常の襟型でも問題ありません。

サイズ感はミニマリストの雰囲気に合わせて少しゆるめにすると、トレンド感も漂ってバランスがいいと思います。

ユニクロにもストライプ柄のシャツがありますが、サイズ感が定番的でコンパクトです。

ユニクロを購入する場合は、普段のサイズよりもワンサイズかツーサイズ上げると良いです。

また、セレクトショップのオリジナル商品であれば、いつものサイズを選んでも最初からゆとりがあるのでバランスが良いです。

このようなシャツは非常に使い勝手が良く、ユニフォーム感覚で1枚持っておくと着こなしの幅が広がります。

ボトムスは1本あれば様々な着こなしに対応できるものを!

続いて4点目のアイテムですが、今回はボトムスについてです。

ボトムスは量があまり必要なく、1本あれば様々な着こなしに対応できるものを揃えると良いです。

今回ご紹介するのは、グローバルワークのアーバンクリーンワイドパンツ(5940円)です。

色はブラックが鉄板だが、グレー系がいいかも

カラーに関してはブラックが鉄板です。

あらゆるスタイルに合わせやすいため、ブラックを揃えていただくと便利だと思います。

ただ、先ほどご紹介したカバーオールがブラック、カーディガンがチャコールグレーだった場合、ボトムスまでブラックにすると全身オールブラックになってしまいます。

オールブラックはミニマリストらしくて良いですが、少し重たく見えたり、地味になりすぎる可能性があります。

そこでおすすめしたいのが、ほんのりグレー味を感じる16番のグレーです。

ブラックのトップスやアウターとも相性が良く、ストライプのシャツとも合わせやすいので、様々なスタイルに適応できます。

もちろんブラックのボトムスも良いですが、このグレーもぜひチェックしていただきたいです。

足元はグリーンレーベル別注のジャーマントレーナー

シューズ

最後に5点目は足元のアイテムです。

今年おすすめしたいのは、グリーンレーベル別注のジャーマントレーナーです。

私はこの靴を何度か紹介しており、自身でも履いているので、その使い勝手の良さは十分に認識しています。

ダークグレーはオンラインでは在庫がなくなっているほど人気ですが、店頭にはまだ在庫があるかもしれないので、ぜひお近くの店舗で見てみてください。

ジャーマントレーナーは、ミニマリストの着こなしにぴったりのアイテムです。

シンプルなレザースニーカーの良さを持ちながらも、ミリタリー感のあるデザインが特徴です。

クリーンなレザースニーカーも良いですが、適度なデザインのアクセントがあるこのトレーナーは非常に魅力的です。

手入れが面倒でないのもGood!

また、秋冬らしいスウェード素材も使われており、手入れもそれほど面倒ではない点が個人的には気に入っています。

クリームを塗って手入れする必要はなく、軽くブラッシングして、雨が降りそうな時に防水スプレーをかけるだけで気軽に履けます。

スエードは雨の日に大変そうだと感じる方もいるかもしれませんが、僕は気にせずにガンガン履いています。

カラー展開はダークグレーがもちろん良いですが、ボトムスがグレーなのでブラックを選んで足元をシャープにまとめるのもおすすめです。

普通の黒いスニーカーだと少し退屈に感じるかもしれませんが、トレーナーのディティールとスエード素材のおかげでブラックでも退屈に感じません。

ブラックのパンツに対してブラックのシューズだと少し地味に感じるかもしれませんが、グレーのパンツとスエードのブラックは非常に相性が良いです。

また、ナチュラルカラーも良い選択です。

真っ白ではなく、少しクリームがかった柔らかい色合いなので、ナチュラルのスエードも素敵です。

汚れが気になる方はブラックやダークグレーを選ぶと良いですが、着こなしに明るさを出したい場合はナチュラルも良い選択です。

ですので、ダークグレーにこだわらずにブラックやナチュラルも検討してみてください。

まとめ

今回は、ミニマリストの秋服はこの5点だけあればいいというテーマでお届けしました。

ムジラボのアイテムを2つ紹介しましたが、改めていろんなブランドを見てきた中で「ムジラボがあったか」と再認識した秋冬でした。

価格帯も手頃で買い足しやすく、サイズ感もゆったりしていてデザイン性もミニマルです。

機能的にも非常に充実しているので、ミニマリストのライフスタイルに合いやすいと思います。

唯一のデメリットは、入手が難しい点です。

オンラインでは在庫が少なく、店舗も全国にあるわけではないので、そこがネックですが、手に入れば非常にライフスタイルに合うアイテムです。

ぜひ皆さんもチェックしてみてください。

-コーディネート

© 2024 メンズファッション情報局