ファッション知識

そのTシャツ古いかも|40~50代のおじさん見えするTシャツ

そのTシャツ古いかも|40~50代のおじさん見えするTシャツ

今回は「そのTシャツ、ひょっとしたら古いかも?」というテーマで皆さんにお届けしたいと思っています。

冒頭にもお伝えした通り、Tシャツというアイテムは非常に便利で、夏場の主役アイテムとして皆さんもいろんなバリエーションを持っているかと思います。

ただ、どんなにたくさんのTシャツがあっても、気に入ってよく着るものは限られていると思います。

ですので、定期的にTシャツも断捨離をすることが大事だと思います。

しかし、どれを残してどれを捨てるべきか、この辺りの判断が難しいかと思います。

そこで今回は、私自身が街でいろんな大人の男性を観察しながら、「こういったTシャツを着ている方が結構多いな」というもので、ちょっと古臭く見える代表例を紹介していきます。

イテム自体に罪はありませんが、ファッションの世界は少しずつ移り変わりますので、今の時代に着ると違和感があるものをしっかりとお伝えすることで、皆さんの断捨離をよりしやすくできたらと思います。

また、NGアイテムを解説するだけでは、どうすればいいのかわからない方も多いかと思うので、それをどういったアイテムに変えればいいのか、この辺りの正解となるようなTシャツもご紹介できればと思います。

古見えTシャツ①7部丈のTシャツ

具体的に「着るとちょっと古臭く見えがちなTシャツ」をご紹介していきます。

まず1つ目は七分袖のTシャツです。

これは今着るとやや古い感じがするかもしれませんので、もし持っていたら断捨離を検討してもいいと思います。

このようなTシャツは以前は結構流行りました。

サイズ感で言うとタイトめで、体にしっかりとフィットしているのでシャープでかっこいいですが、時代によってスタイルが変わり、このようなタイトなシルエットや七分袖は今では時代と少し離れている感じがあります。

七分袖は便利です。

普通の半袖シャツだと二の腕ががっつり出てしまい、清潔感が漂わないと感じる方もいるかもしれませんが、ロンTだと暑いです。

そのため、七分袖は半袖とロンTの中間でちょうど良いのです。

ですが、今っぽく見えないので、もし新しいものを選ぶのであれば、サイズ感は少しゆとりを持たせ、袖の長さは七分ではなく五分丈、ちょうど腕の関節くらいのものを選ぶと良いと思います。

代表的な例としては、ユニクロUのエアリズムコットンオーバーサイズクルーネックTシャツが五分袖で使いやすいです。

サイズ感も程よいゆとりがあり、適正サイズを着るだけで今っぽさも出せます。

また、ビューティ&ユースのワンポケットクルーネックショートスリーブTシャツもバランスが良いです。

ポケットが付いていて退屈に見えず、袖の長さが五分袖で適度なゆとり感があり、今っぽく、上品に見えます。

袖の長さには流行があり、今っぽさが出るので、ぜひチェックしてみてください。

古見えTシャツ②英字プリントシャツ

続いて2点目は、英字プリントTシャツです。

私たち日本人には弱いジャンルだと思います。

英語が書いてあるだけでかっこよく感じてしまいます。

私自身もよくプリント系のTシャツを買ってしまいます。

しかし、英字プリントにもいろいろあり、大胆なプリントが入っていると、分量が多すぎて子供っぽく見える可能性があります。

サイズ感も重要で、袖丈が短くフィット感が強いと時代感を感じるかもしれません。

プリントTシャツが悪いわけではありません。

古く見えないプリントTシャツのポイント

重要なのはサイズ感で、ベースとなるTシャツのサイズ感が先ほどの五分袖のように少しゆとりがあることです。

私たち大人世代には、極端なビッグシルエットは必要ありませんが、適度なゆとりは取り入れて良いと思います。

また、プリントもシンプルなものを選ぶと良いです。

シンプルなグラフィックの入ったTシャツは、大人っぽい雰囲気で着こなせます。

サイズ感も普通ですが、あえてワンサイズ上げることで適度なゆとり感も出せます。

プリントTシャツを重ね着のベースとして使うのも良いです。

前面にプリントがあるTシャツは子供っぽく見えがちですが、上にシャツやジャケットを重ねることで大人っぽく見せられます。

例えば、グリーンレベルのTシャツのように前面のプリントが最小限でバックプリントがメインのものは、大人世代に使いやすいです。

プリントTシャツを選ぶ際は、大人が着て子供っぽく見えないかどうかを確認してください。

古見えTシャツ③ボーダーTシャツ

続いて3点目は、こちらのイラストのようなボーダーTシャツです。

ボーダー自体は定番で、最近も人気が戻ってきていますが、太めのピッチのものは大人世代には似合いづらく、古臭く見える可能性があります。

複数の色を使っているとごちゃごちゃした印象になりがちです。

例えば、シップスのコットンUSAボーダーTシャツのようにピッチが細いものがおすすめです。

ベースがグレーで濃い色がボーダーの線として加わることで引き締まりが出ます。

細いボーダーは大人っぽく見えますし、シンプルな配色で使いやすいです。

ボーダーTシャツは横に広がる特徴があるため、膨張して見えることがあります。

そのため、サイズ感は少しボックス型でゆとりがあった方が今っぽく見えます。

タイトなボーダーTシャツはおすすめしません。

膨張して見える場合は、シャツを重ねることでバランスを取ることができます。

旬なボーダーTシャツに関しても、今の時代に合ったものを買い替えることが重要です。

古見えTシャツ④ヘンリーネックのTシャツ

続いて4点目の古臭く見える可能性があるTシャツですが、ヘンリーネックのTシャツですね。

ラウンドネックの変形デザインの一種で、衿の前中央に胸あたりまでの前立てがあり、ボタンなどで留めるようになったシャツのことです。

これは大人世代には馴染み深いTシャツかと思います。

私もかなり昔に着たことがありますが、このようなデザインは今はあまり旬ではないので、着ると古臭く見える可能性があるかと思います。

特に赤が好きな男性や街系の方々に愛されるTシャツだと思いますが、アイテム自体に罪はありません。

凹凸感のある生地や、ちょっとVネック寄りのデザイン、フィット感が高い点が今っぽく見えないかもしれません。

おしゃれ感を出したいのであれば、このようなものも断捨離してもよいかと思います。

ヘンリーネックのTシャツを選ぶ場合のポイント

では、どういったものを選べばよいのかというと、現代的にアップデートされたものがグリーンレーベルで展開しているダイワグリーンレーベルリブプルオーバーTシャツ撥水です。

襟元のデザインが特徴的で、ヘンリーネックとは異なりますが、現代的なアプローチでバランスが良いと思います。

胸元には2つのスナップボタンが付いており、通常のTシャツに比べると少しポロシャツライクで、きれいめな雰囲気が漂います。

普通の丸首のTシャツはたくさん持っているという方には、このようなボタン使いのものを選んでいただければ、少し違いが出せるかと思います。

ベーシックなヘンリーネックのTシャツに比べると、今っぽいボックス型のサイズ感で、少しゆとりのあるデザインですし、素材もナイロンを使用しており、機能性も高いです。

今っぽいTシャツとして非常に使いやすいアイテムだと思います。

ダイワといえば釣り具で有名なブランドですが、最近はダイワピュアなど独自のブランドも展開しています。

デザイン性の高い服も多くリリースしているので、安心感もあり、グリーンレーベルとのコラボレーションということで使い勝手の良さも含めてバランスの取れた一枚だと思います。

ヘンリーネックっぽいTシャツが欲しい方には、ぜひ検討していただければと思います。

古見えTシャツ⑤深めのVネックTシャツ

最後に、5点目は深めのVネックTシャツです。

これも古臭く見える可能性があるので、もし持っていたら手放してもよいかと思います。

私自身もVネックのTシャツは大好きで、今から16〜17年ぐらい前には丸首のTシャツはほとんど持っておらず、VネックのTシャツが圧倒的に多かったのです。

サイズ感はタイトで、袖丈も短く、体のラインが出るぐらい細身の深めのVネックTシャツをよく着ていました。

その頃にはそのようなTシャツは旬でしたが、今では肌の露出を控えた丸首のシンプルなTシャツが主流となっています。

この流れは今も変わらず、今後もVネックが流行る可能性はありますが、その気配はまだ見えていません。

丸首のTシャツを持っておくと間違いないと思います。

Vネックよりも丸首を選ぼう

今回ご紹介したNG系のTシャツはすべてタイトなものでした。

VネックのTシャツもセクシーに見せることを目的としたものが多く、コンパクトなものが多かったです。

そのため、今の時代にそぐわないことが多いので、丸首のTシャツを持っておくとよいと思います。

例えば、アーバンリサーチドアーズのダブルフェイスクルーネックショートスリーブTシャツです。

シンプルなボックス型のシルエットのTシャツで、袖丈も五分袖程度で少しゆとりがあります。

首元もVではなく丸首で、色気を出しすぎない点で使いやすいと思います。

胸にポケットが付いているので、シンプルになりすぎず、使いやすいと思います。

特に「サージ」というブルーとグリーンが混ざった明るめの色は清潔感があり、白や黒のTシャツにはない華やかさがあるので、バランスが良いと思います。

VネックのTシャツのセクシーさも魅力的ですが、色の綺麗さを楽しむのも良いかと思います。

ぜひ、皆さんもVネックを断捨離し、新たな綺麗な色のTシャツを購入してみてください。

古く見えるTシャツを理解してコーディネートに活かそう

今回は、「そのTシャツひょっとしたら古いかも?」というテーマでお届けしました。

自分では今持っているTシャツが時代に合っているかどうか、古臭く見えないかどうかは判断しづらいかと思います。

ぜひ、本格的な夏を迎える前に、今の段階で断捨離をしていただきたいです。

Tシャツも長く着ようと思えば、よれよれの状態でも着続けることはできるかと思いますが、私の感覚では3年ぐらい経つとよれてきたり色が変色してきたりします。

着用期間で区切るのもよいと思いますし、デザインやサイズ感を含めて古臭く見えないかどうかで判断するのも良いと思います。

夏場に気分が上がるTシャツが3枚から5枚あるだけでも十分回せると思います。

すべて良いものを買う必要はなく、例えばユニクロのTシャツやグローバルワークなど、無印良品をうまく使うのも良いと思います。

その中に1〜2枚だけセレクトショップのオリジナルが入ると気分が変わるかと思います。

ぜひ、自分に合うTシャツにアップデートしていただければと思います。

-ファッション知識

© 2024 メンズファッション情報局