コーディネート

【超簡単】大人の秋の定番コーデ3選|そのまま真似するだけでOK

大人の秋の定番コーデ3選
悩む男性
いやー、そろそろ秋の着こなしを開拓したいな

インスタやYouTube、TikTokを見ていると素敵なコーディネートがたくさん紹介されていますが、どれも少しハードルが高くて再現しづらいですよね。

今回はそんな方に向けて、「大人の秋の定番コーデ3選」というテーマでお届けします。

使用するアイテムは基本的にユニクロ、GU、グローバルワーク、無印良品などの価格帯が抑えめのショップやセレクトショップのオリジナルです。

これらのアイテムを使えば、比較的再現しやすいと思います。

これからファッションを楽しむには最適な季節ですので、ぜひ今回の動画を参考に秋の着こなしを存分に楽しんでください。

秋の定番コーデ①Tシャツの上にさらりとシャツを羽織るスタイリング

まず、一つ目のコーディネートをご紹介します。

個人的に一番使いやすいと思うコーディネートですが、夏の終わりから秋の初めにかけて、Tシャツの上にさらりとシャツを羽織るスタイリングが非常に使い勝手が良いと思います。

上は白シャツにストライプシャツを重ね着

ベースに使っているのはユニクロUの最もベーシックな白無地Tシャツです。

その上にストライプシャツを重ねてみました。

最近は、ビジネスで使うことが多かった小綺麗なシャツを、少しオーバーサイズにしてカジュアルに着こなすスタイルが増えています。

特に、細かいピッチのストライプではなく、太めのストライプを使ったシャツが主流です。

こういったカジュアルなシャツを主役にしてコーディネートを組んでみました。

ポイントはサイズ感

ポイントはサイズ感です。

シャツはジャストサイズよりも少しゆとりを持たせた方がバランスが良いです。

腕は軽くまくって、第一ボタンと第二ボタンを開けて内側の白Tを少し覗かせると、リラックス感があって良い着崩しになります。

ボトムスはグレー系のパンツ

そしてボトムスについてですが、いつもならブラックのパンツを合わせがちですが、今回はグレー系のパンツを合わせてみました。

こちらは今季のグローバルワークのアーバンスラックスの少しゆとりのあるバージョンです。

グレーが非常に雰囲気が良かったので今回はこれを選びました。

ブラックのスラックスでももちろん良いのですが、よりシャープな雰囲気にしたければブラックを、少し柔らかさを出したければこのようなグレーもホワイトと相性が良いです。

足元は白系のレザースニーカー

足元は、首元のホワイトとリンクさせるために白系のレザースニーカーを合わせています。

このようなベーシックなスタイルは大人世代にはハマりやすく、体型を問わずに使いやすいと思います。

痩せ型の方から少しぽっちゃり目の方でも、シャツというハリ感のあるアイテムは体のラインをうまく隠してくれるので、バランスよく着こなせるのではないでしょうか。

僕はこのように、シャツのスタイルが大好きです。

特にTシャツの上にアウター感覚でさらっと羽織るスタイルは、気軽にカジュアルさとキレイ目さをミックスできるので、ぜひ皆さんもトライしてみてください。

秋の定番コーデ②カーディガンメインのコーディネート

次に、2つ目のコーディネートを紹介します。

今回は主役をシャツからカーディガンに変えてみました。

かなり雰囲気が変わると思います。

僕は秋にこのようなTシャツにカーディガンを合わせるスタイルをよく取り入れますが、これも簡単に再現しやすいのでぜひ試してみてください。

インナーはボーダー柄のシャツ

まず内側は、細かめのボーダー柄のTシャツです。

ブラックとホワイトの2色で構成されており、ボーダー柄でも子供っぽく見えないのが特徴です。

似たようなものがユニクロUでも売っているので、ぜひ皆さんにも試してみてください。

このTシャツは内側に着ると程よいアクセントになり、使い勝手が良いです。

その上に、GUのワッフル地のカーディガンを着ています。色はダークグレーで、非常によくできており、セレクトショップのオリジナルと同じぐらいの雰囲気があります。

生地は厚みがあり、体のラインを拾わないところや、肩が落ちている今のトレンド感あふれるサイズ感が非常にバランスの良いポイントです。

ボトムスはホワイト系のデニム

上半身にダークグレーを持ってきたので、ボトムスは綺麗目にホワイト系のデニムを合わせています。

このような白パンは春夏のイメージが強いかもしれませんが、秋冬でも十分使いやすいです。

秋冬はどうしても重たい色味が多くなりがちですが、ホワイト系のデニムを取り入れることで、コーディネート全体が明るくなり、バランスが良くなります。

秋冬になると暗い色味の服が多くなりますが、そんな時にはオフホワイトのボトムスを使うことで華やかな印象を与えることができます。

ぜひ秋冬も継続してホワイト系のパンツを取り入れてみてください。

足元は革靴

足元についてですが、今回は久々に革靴を選びました。

おすすめはクラークスのワラビーゴアテックスです。

堅苦しく見えすぎないようにリサーチして見つけたもので、素材はスウェードでカジュアル感があり、先端が尖っていないので柔らかい雰囲気でカジュアルなシーンにも馴染みやすいのが特徴です。

白パンが持つきれいな印象に対して、ブラックのシューズで少し引き締める形で今回はコーディネートに取り入れてみました。

正直、クラークスのワラビーのようなデザインのものがGUでも手頃な価格で手に入るので、そちらで代用するのも良いと思います。

また、ボトムスについてはユニクロのタッグワイドパンツのコーデュロイ素材を使うのもおすすめです。

シャツスタイルよりもリラックス感のあるカーディガンスタイルは再現しやすいので、ぜひ皆さんも試してみてください。

秋の定番コーデ③カジュアルでスポーティな着こなし

最後に3つ目のコーディネートですが、今回紹介する中で最もカジュアルでスポーティな着こなしです。

メインはノースフェイスのコンパクトジャケット

主役はナイロンジャケット、ノースフェイスのコンパクトジャケットです。

今回は新色のオリーブ色を購入しました。

秋冬にぴったりの色合いで、とても使い勝手が良いです。

普段はブラック一筋で他の色はほとんど買ったことがなかったのですが、オリーブ色は使いやすく、ブラックパンツとの相性も抜群です。

ブラックのコンパクトジャケットも良いですが、オリーブにすることで少し違った雰囲気を出しつつ、ボトムスで引き締めるバランスが作れます。

このニュートープの色合いは、非常に使いやすく玄人っぽい印象を与えるので、おすすめの色合いです。

相変わらず、コンパクトジャケットは「コンパクト」と言いながらも、少しゆったりとしたサイズ感になっています。

身長164cm、体重53kgの僕がMサイズを着ていますが、少しゆったりめです。

ノースフェイスのイメージはジャストサイズが強いですが、このジャケットは今っぽいゆとりがしっかりと設計されており、着るだけでとても今風なアプローチになります。

インナーはシンプルなTシャツ

ナイロンジャケットの内側はTシャツを合わせています。

もちろん、白系のバンドカラーシャツなどを合わせるのも良いですが、今回はシンプルにTシャツを選びました。

プリント入りのTシャツでも無地のTシャツ、マイクロボーダーのTシャツでも相性が良いので、色々と試してみてください。

今回は白系のプリントTシャツにブラックのパンツを合わせ、引き締まったコーディネートにしました。

足元はグレーのニューバランス

足元にはニューバランスのグレーを合わせました。

白系のジャーマントレーナーやクラークスのワラビーでも合いますが、個人的にはノースフェイスとニューバランスの相性が良いと思っています。

グレーのニューバランススニーカーを合わせることで、シームレスなコーディネートになります。

皆さんのお持ちの白系のレザースニーカーでも全く問題ありませんので、ぜひ試してみてください。

このコーディネートは秋のアクティブに過ごしたい日にぴったりです。

子供と公園で遊ぶ時など、ラフなアウターが1枚あると非常に便利です。

雨風にも強いので、アクティブな場面でも使えるスタイリングです。

スポーティで機能的な着こなしが好きな方は、ぜひ試してみてください。

まとめ

今回の記事では、大人の秋のベーシックコーデ3選をテーマにお届けしました。

どの着こなしもベーシックで取り入れやすいと思いますが、それぞれテイストが異なります。

1つ目のシャツコーデはきれいめな方向性で、2つ目のカーディガンスタイルは少しカジュアルでゆったりとした雰囲気、3つ目のナイロンジャケットの着こなしはスポーティでアクティブなイメージです。

シチュエーションによって使い分けるのも良いですし、どのテイストが好きかは個々の好みによります。

自分の好みにあわせてお好きなコーディネートを試してみてくださいね!

-コーディネート

© 2024 メンズファッション情報局