おすすめアイテム

ユニクロの「秋アウター」はこれ一択!!質感も良くて長く使える

ユニクロの「秋アウター」はこれ一択
悩む男性
ユニクロで秋アウターが買いたいけどどれがいいかわからない。

どうせ安っぽいアウターしかないんでしょ?

このように感じている方も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて今回は「ユニクロの秋アウターはこれが最強」というテーマで詳しく解説していきます。

アパレルの世界では、実際の季節よりも早めに新作アイテムが展開されるため、早めのうちに次のシーズンの情報を集めておきましょう。

ユニクロも例外ではなく、すでに秋アウターが充実していますので、ぜひ検討してみてください。

ユニクロの秋アウターはユーティリティショートブルゾン一択

ユニクロのサイトを見ていただければわかるように、さまざまなアウターが揃っています。

例えば、MA-1やシャツアウターなどがあります。

その中でも今回、私が一押しするのはユーティリティショートブルゾンです。

価格は6,990円。

私のスペックは身長164cm、体重53kgの小柄な男性ですが、サイズはMを購入しました。

このジャケットはユニクロの秋アウターの中でも特におすすめです。

最近の秋アウターのトレンドとして感じるのは、シャツアウターのようなアイテムが増えていることです。

デザインはシャツ風ですが、通常のシャツよりも厚手でアウターとして着られるものが多く見られます。

ユニクロにも同様のアイテムが揃っています。

また、短い丈のアウター、例えばMA-1やGジャンなども人気です。

中でも、このユーティリティショートブルゾンは、ワークやミリタリーテイストを取り入れたデザインが特徴的です。

バブアに似ていてコスパ抜群

このデザインを見て「バブアのアイテムに似ている」と感じた方は相当な服好きだと思います。

バブア(Barbour)は英国王室御用達ブランドとして有名で、特にワークテイストのジャケットは人気があります。

ユニクロのユーティリティジャケットは、そのバブアの雰囲気をユニクロ流にうまく解釈した一着だと思います。

バブアのジャケットはセレクトショップやドメスティックブランドとのコラボレーションでさまざまなバリエーションが出ています。

しかしユニクロのこのジャケットはオリジナルで、まずコスト面で圧倒的に買いやすいという点が魅力です。

7,000円前後でこの品質のアウターが買えるのは驚きです。

やっぱり価格帯が下がると、生地感や作りがチープに見えてしまうのはある程度仕方がないことだと思います。

しかし、ユニクロの場合、そういったことがほぼありません。

パッと見て第三者が見たら「それ、バブアじゃない?」と思うぐらい完成度が高いので、この一着は僕自身も皆さんにおすすめしやすい仕上がりになっています。

カラー展開はブラック、オリーブ、ブラウンの3色

カラー展開は3色あり、ブラック、オリーブ、ブラウンです。

どの色も魅力的で、正直言って人それぞれ好みが大きく分かれるかなと思います。

この色が一押しですとは言いづらいですが、ブラックが使いやすいかなと思います。

どの色も良かったので迷いましたが、僕がブラックを選んだ理由は、ブラウンやオリーブは土っぽくて失敗すると野暮ったく見えるカラーだからです。

このユーティリティジャケット自体がワークテイストでカジュアルなデザインなので、オリーブやブラウンを選ぶと作業着っぽく見える可能性があり、危険です。

そこで、シンプルなブラックが大人世代にはバランスが良いと判断しました。

もちろん、オリーブやブラウンもクリーンなイメージで作られているので、それらを選ぶのも良いと思いますが、鉄板はブラック、その次にオリーブ、最後にブラウンという印象です。

サイズ感

僕は身長164cm、体重53kgでMサイズを着ています。

丈が短く、お尻の上の部分だけを隠れるようなイメージで、かなりすっきりと見える淡丈系のアウターになっています。

このユーティリティジャケットは、丈が短すぎず、大人世代にも使い勝手がいいバランスになっていると思います。

素材と細かいデザイン

素材はコットンを使っており、ハリ感があって、表面には微光沢があるため、上品な素材使いになっています。

このようなユーティリティショートブルゾンというカジュアルなデザインでも、質感のおかげでカジュアルに見えすぎないバランスが保たれています。

また、襟の部分にはコーデュロイ素材が使われており、ブラックですが、ダークネイビーのようにも見える色合いで、上品にまとまっていると思います。

個人的には、バブアのアウターなどで見られるコーデュロイの襟があまり好きではありません。

場合によっては野暮ったく見えることがあるのですが、このユーティリティショートブルゾンの場合はそんなことはなく、シャープな雰囲気で本体に馴染んでいるので、非常にバランスが良いと感じます。

サイズ感もゆとりがあり、今着ているのはMサイズですが、少し余裕のある設計になっています。

GUほど大胆ではありませんが、ユニクロの中ではゆったりとしたデザインになっていると思います。

このようなアウターは、ユニクロの通常ラインよりもユニクロUで見ることが多いイメージですが、このジャケットもバランスが良く、おしゃれ好きな男性にも響く仕上がりになっていると思います。

ユニクロユーティリティジャケットのコーディネート紹介

続いてコーディネートについてですが、様々な組み合わせが可能です。

パンツは白やグレー系

まだまだ暑い日も続きますが、そんな日にはブラウン系の無地のTシャツとホワイト系のパンツを合わせたコーディネートがおすすめです。

アウターがブラックなので、ボトムスがブラックだと重たく見えるかもしれません。

個人的には、オフホワイトのパンツなど、少し明るい色のパンツやオリーブ系のパンツとも相性が良いと思います。

また、グレー系のパンツも合います。

このようなワークテイストやミリタリーテイストのボトムスは秋に履くことが多いのですが、上半身もワークテイストにして、ボトムスもワークっぽい感じにしてみました。

白Tシャツとブルー系のシャツで清潔感と小綺麗さを演出

両方とも少し野暮ったさが出ていますが、内側に白Tシャツを覗かせて清涼感を出し、その上にブルー系のシャツを合わせることで、程よい清潔感と小綺麗さを出しています。

ブルーやストライプのシャツも良いと思います。シャツを加えることで、まとまりが良くなると思います。

このユーティリティジャケットは、ブラウンやオリーブの色もありますが、あえてブラックを選び、その他のアイテムでオリーブやブラウンを使うと秋冬っぽさが出せると思います。

今回はベイカーパンツでオリーブを選びましたが、ユニクロの公式サイトではダークブラウンのボトムスを合わせています。

ボトムスをブラウン系にするのもバランスが良いと思います。

内側をニットにして秋らしさを出すのもGood!

また、内側に着るTシャツやニットで秋らしい色を差し込むのもおすすめです。

アウター自体はシンプルなブラックでまとめ、他のアイテムでアクセントをつけると、使い勝手が良くなると思います。

ぜひこのような形で、ユーティリティジャケットを活用してみてください。

秋アウターはユニクロのユーティリティショートブルゾンでおしゃれに着こなそう

今回は、ユニクロの秋アウター「ユーティリティショートブルゾン」について解説しました。

実際に着てみて、非常に良くできたアイテムだと感じています。

秋のアウターというと、コートのような上品で大人っぽいアイテムもありますが、私は二児の父として、休日に子供と遊ぶ時には、このような短めのアウターの方が動きやすくて便利だと感じます。

このユーティリティブルゾンは軽量で、内側がチェック柄になっているので、脱いだ時にも楽しめるデザインです。

非常に完成度が高い一枚だと思うので、ぜひ皆さんもチェックしてみてください。

-おすすめアイテム

© 2024 メンズファッション情報局