コーディネート

【2024年最新】大人の夏の鉄板コーデ3選|シンプルイズベスト

【2024年最新】大人の夏の鉄板コーデ3選|シンプルイズベスト
悩む男性
そろそろ夏のコーデも考えて服を揃えないとなぁー

いやあ、遅めの梅雨がやってきましたね。

最近、雨の日が増えてきましたが、そろそろ夏の具体的なことも気になるところです。

今回は、「大人の夏の鉄板コーデ3選」というテーマでお届けしたいと思っています。

今年は梅雨に入る時期が遅かったので、このまま夏に突入するのかと思いきや、今日も雨が降っています。

梅雨になると、夏の季節のことを忘れがちですが、もうすぐ本格的な夏が来ると思いますので、今回の動画では夏にぜひ抑えていただきたい大人の鉄板コーデを3つご紹介したいと思っています。

夏の着こなしはどうしても単調になりがちです。

暑いので、思考が停止してしまい、Tシャツ短パン、サンダルでいいやと思う方も少なくないかと思います。

私自身もそういうところがあるので、本格的な夏を迎える前に具体的なコーデを3パターンぐらい考えておくと便利だと思います。

今回はトップスをそれぞれ変えながらガラリと雰囲気を変えたコーディネートをご紹介したいと思います。

単調になりがちですが、バリエーションを出せるように考えてありますので、よかったら最後までお付き合いいただければと思います。

鉄板半袖シャツスタイル

ここからは具体的に夏の鉄板コーデを3つご紹介したいと思います。

まず1つ目は、私も好きな半袖シャツを使った着こなしです。

夏の着こなしの中でも、今日はちょっとおしゃれをしたいなという時には、半袖短パンではなく、少し小綺麗に見えるような半袖シャツを着ると便利です。

長袖に比べれば明らかに涼しいですが、襟がついているので適度なきれい感も漂い、大人世代であれば1枚は持っておきたいのが半袖シャツです。

Tシャツはビューティー&ユースのシルキータッチキャンプカラーシャツ

おすすめは、ビューティー&ユースのシルキータッチキャンプカラーシャツです。

これが今期なかなかいいカラーだったので、実際に購入しました。

色はライトブルーで、夏らしくて軽量感があり、なかなか雰囲気が良いと思います。

最近の半袖シャツはタイトだったりジャストサイズではなく、少しゆとりを持たせたものが多いです。

こちらもまさにそういった仕様で、袖丈が少し長めで腕の関節よりちょっと長めになっています。

袖幅もややゆとりがあり、今っぽさが出ています。

全体のサイズ感も緩さがあり、肩のラインも落ちていて、身幅もゆとりがあります。

リラックス感があり、夏っぽくてちょうどいいです。

私は身長164cm、体重53kgの小柄な体型ですが、Mサイズを着用しています。

このシャツの下には白Tを少し覗かせており、第1ボタンを開けて少し見せるバランスが良いです。

このシャツはキャンプカラーで、オープンカラーシャツに近い感じです。

第1ボタンを開けた時の広がりがきれいで、ふんわりとした見た目になっています。

ボトムスはユニクロの感動ジーンズ

ボトムスにはユニクロの感動ジーンズを合わせました。

これは最近見つけた名作で、感動パンツ自体はシルエットが綺麗で細めのものが多いですが、アップデートされた形で少しゆとりを出しています。

タックワイドパンツほどのゆとりはないですが、スマートアンクルパンツよりも少しゆとりがあります。

色はダークグレーで、ウールライクな素材ですごく質感が良いです。

深めのグレーで、おじさんっぽく見えないシャープな色です。

黒パン代わりに使うのも良いです。

足元はグルカサンダル

足元は夏らしくグルカサンダルを履きました。

白のレザースニーカーでも良いですが、夏なので季節感を出すためにグルカサンダルを選びました。

サンダルは色々なバリエーションがありますが、全体のバランスを見て選びました。

例えばビルケンシュトックのレザーサンダルでも代用できます。

大人の半袖シャツのコーディネートは便利なので、ぜひチェックしてください。

シンプルでラフなカジュアルスタイル

次に2点目の着こなしですが、今回はかなりカジュアルなスタイルです。

上半身はシンプルなブラックのTシャツ

まず上半身はTシャツです。

夏と言えばやはりTシャツが主役です。

私もいろんなものを持っていますが、去年買ってよく着たものです。

前から見るとシンプルなブラックのTシャツで、胸元に「サビニャック」という刺繍が入っている程度です。

ボックス型の緩めのシルエットで、袖丈も長めですが、オーバーすぎないサイズ感です。

このTシャツの一番の特徴は後ろのプリントです。

オランジーナの昔のポスターのプリントが施されています。

ボトムスは白パン

ボトムスは白パンで明るさを出しました。

ホワイトのデニムでベイカーパンツのディティールを採用しています。

私のブランドで作っているオリジナルですが、程よくゆとりがあり、夏場でも涼しげです。

足元はスイコのサンダル

足元はスイコのサンダルを履きました。

これは最近購入したばかりで、フモランドがコラボしたデザインです。

厚めのソウルでボリューミーな雰囲気があり、オールブラックのシャープなデザインです。

上半身のブラックと色を合わせたコーディネートです。

夏のTシャツスタイルは単調になりがちですが、上半身に重たい色を持ってきて、ボトムスをホワイトにするのも良いです。

小物として時計やバングル、メガネを使うことで、シンプルなスタイルにアクセントを加えるのがポイントです。

こんな形でTシャツのスタイルも意外性を出すことができますので、ぜひ試してみてください。

外遊びを意識したポロシャツスタイル

続いて、最後の3手目はちょっと外遊びを意識したコーディネートを作ってみました。

トップスはポロシャツ

まずはトップスですが、今回はポロシャツを選びました。

このポロシャツは、今期のアーバンリサーチのソテックを使った、テック感溢れるデザインとなっています。

襟回りはポロシャツの雰囲気ですが、袖は少し長めで、身幅もゆったりしており、シャカシャカTシャツのような雰囲気です。

これなら、ポロシャツという小綺麗なアイテムでもスポーティーな感じでバランスが取れると思います。

このポロシャツをメインにして、下には少しシティを覗かせるようにしました。

素肌を見せるスタイルも試しましたが、白TシャツやボーダーTシャツを少し覗かせる程度がバランスが良いと思います。

ボトムスはブラックの短パン

ボトムスは、夏らしく短パンを合わせました。

こちらはグラミチとローワーケースのコラボレーションのボトムスで、裾幅が広めで、膝上くらいのバランスが今っぽくて使いやすいです。

ショートパンツを履くときにはブラックを選ぶようにしています。

42歳という年齢もあり、カジュアルに見えすぎないようにブラックでシャープにまとめています。

足尾元はスポーティなサンダル

足元はスポーティーな見た目を意識してサンダルを選びました。

ホパラ2というモデルで、スニーカーっぽい見た目ながらサイドのメッシュで透け感があり、バランスが良いです。

今回は外遊びを想定しているので、ブラック系のキャップを被っています。

小物を使うことで、退屈な感じにはならないと思います。

半袖と短パンのスタイルは子供っぽく見えがちですが、襟付きのポロシャツやモノトーンの色使いで大人っぽくまとめることができます。

夏の外遊びの際には、このような着こなしをすることが多く、リアルなスタイルに近いです。

皆さんも参考にしていただければと思います。

大人鉄板コーデで夏を楽しもう

今回は、大人の鉄板コーデ参戦というテーマでお届けしました。

トップスも3パターンあると見せ方が変わります。

半袖シャツで小綺麗な着こなし、Tシャツでスポーティーな着こなし、ポロシャツでスポーティーながら襟付きのスタイルを楽しめます。

ボトムスもオーソドックスなものから白パン、夏の短パンまで、バリエーションが出せます。

足元にサンダルを合わせることで季節感も出せます。

この記事を参考にして、夏のコーデを楽しんでください。

-コーディネート

© 2024 メンズファッション情報局