おすすめアイテム

これだけ買えばOK|大人の夏におすすめボトムス3選

これだけ買えばOK|大人の夏におすすめボトムス3選
悩む男性
夏のボトムス選びって難しいよなぁ。

暑いので毎日短パンが理想的ですが、大人なのでそういうわけにもいきません。

ロング丈のパンツも2本ぐらいは持っておきたいものです。

1本はなるべくベーシックで快適に履けるもの、もう1本は爽やかに見えるものが欲しいです。

短パン1本とロング丈のパンツ2本、合わせて3本あればうまく回せる気がします。

誰か鉄板の夏ボトムスを教えてくれる人はいないかなと思っていました。

今回は、「大人の夏のボトムスはこの3本だけあればいい」というテーマでお届けします。

夏のボトムス選びは難しいと感じます。

なんだかんだで私は短パンが好きなので、夏の季節になると短パンの頻度が上がりますが、毎日短パンというわけにはいきません。

ワンマイル的に移動する時や外遊びをする時には短パンはありですが、おしゃれをして出かける際にはロング丈のパンツの方がまとまりやすいです。

上半身にフロシャツなどを着る場合は、ロング丈のパンツがあった方が良いでしょう。

ロング丈のパンツも、この夏に適した快適な1枚を持つべきだと思います。

最近の夏は非常に暑く、長いです。

毎年、梅雨が終わってから秋も結構長いので、その間に3シーズン対応のボトムスを履くのも悪くはありませんが、夏に特化した素材使いの定番的なボトムスもあった方が快適です。

今回の動画では、日本の夏に合ったボトムスを3本に厳選してご紹介します。

ボトムスもたくさん持っているから良いというわけではなく、ある程度使い勝手を考えると3本ぐらい持っておけば、キャラクターを分けて使うことができると思います。

私も色々なボトムスを持っていますが、よく使うものは3、4本です。

今回は、数ある夏のボトムスの中から厳選してご紹介しますので、最後までお付き合いください。

アーバンリサーチドアーズの給水速乾接触冷感防シワファンクショナルEトラウザー

まず1本目は最もベーシックで、まずはここから揃えた方が良いと思うものを紹介します。

おすすめの1本目はアーバンリサーチドアーズの給水速乾接触冷感防シワファンクショナルEトラウザーです。

価格は7,920円で、使い勝手が非常に良いと思います。

デザイン自体は非常にベーシックで、テーパード型のボトムスです。

腿周りは少し余裕がありますが、膝から下にかけて徐々に細くなるテーパード型で、大人には最も似合いやすいボトムスだと思います。

センタープレスも効いていて綺麗に見えるので、現代的なベーシックな1本です。

素材はウールに見えるポリエステル100%

素材はウールに見えるポリエステル100%で、機能的な素材使いになっています。

ウールに見えることで大人っぽく上品に見えますが、機能性ではポリエステルの方が圧倒的に使いやすいです。

夏のボトムスということで機能性が非常に重要です。

こちらの素材は給水速乾で汗を吸ってすぐに乾く機能と、接触冷感で肌に触れた時にひんやり感じる機能があります。

また、防シワ機能もあるので、くたっとしただらしない雰囲気が出にくく、大人の男性が着ると清潔感があります。

ストレッチ性も優れていて、着ていて快適です。

カラー展開も豊富で、鉄板で使いやすいのはブラックです。

ブラックのイージーパンツは間違いのない鉄板です。

ただ、夏には重たいと感じる方にはグレーもおすすめです。

ミディアムグレーより少し深めの色合いでバランスが良いです。

また、ネイビーもおすすめです。

ブルーの半袖シャツにネイビーのパンツという同系色のグラデーションでまとめるのもバランスが良いです。

ベーシックな色が揃っているので、必要な1本を選んでいただければ、夏でも快適で着回ししやすい1本として機能すると思います。

SHIPSのコットン シアサッカー イージーパンツ

続いて2本目のボトムスについてですが、ホワイト系のボトムスはやはり夏には1本あると便利かなと思います。

先ほどのベーシックなテーパード型のボトムスはブラック、ネイビー、グレー系といったベーシックで深めのカラーをご紹介しました。

これらは季節を問わず通年で使えるベーシックカラーです。

一方で、季節感を出したり、これらのベーシックカラーの真逆になるような明るめのボトムスも1本揃えておくと、着こなしの幅が広がります。

そのため、ホワイト系のボトムスは1本あると非常に便利です。

そこで今回ご紹介したいのが、SHIPSのコットン シアサッカー イージーパンツです。

これは非常に雰囲気が良いと思います。

ホワイト系のパンツは多くのブランドから出ていますが、個人的にはあまりタイトすぎるものは大人世代には適していないと感じます。

以前、細身の白パンが流行った時期もありましたが、時代が進むにつれ、緩めのシルエットのものが増えてきました。

今ではタイトすぎるホワイトパンツを履くと古臭い印象を与えてしまうため、適度なゆとりがある方が良いでしょう。

こちらのボトムスは太もも周りにゆとりがありますが、先ほどのボトムスと同じように適度にテーパードがかかっています。

ただし、ドアーズのボトムスよりも少しゆとりを持った設計になっており、夏らしく風が通り抜けるようなリラックス感があります。

素材使いが特徴的

素材使いも特徴的で、シアサッカーという表面に凹凸感のある素材になっています。

これが夏にぴったりで、肌離れが良く、軽量感が漂います。

この素材で白パンというのは少し意外性があり、非常に良いと思います。

ホワイト系のボトムスは真っ白ではなくオフホワイトなので、少し黄味がかって柔らかい色味です。

真っ白が苦手な方でも、これくらいのオフホワイトであれば気軽に試せます。

写真のようにブルー系のシャツと合わせると爽やかな着こなしができますし、黒いTシャツやネイビーのTシャツと合わせても相性が良いです。

ホワイト系のパンツがあることで、濃いめのパンツとの差別化ができますので、夏用として1本はチェックしていただければと思います。

ダイワグリーンレベルカーゴショーツ撥水の短パン

続いて、ラスト3本目のボトムスは短パンです。

今年旬なショートパンツとして、ダイワグリーンレベルカーゴショーツ撥水をご紹介します。

価格は9900円で、非常に使い勝手が良いと思います。

ショートパンツの流行やトレンドは微妙に変わってきます。

例えば、丈の長さや幅の太さ、ディティールなどです。

シンプルなものもありますが、最近はカーゴショーツと呼ばれる、カーゴパンツのポケットがサイドについたものが増えています。

こういったものを取り入れると、今っぽい雰囲気が出せます。

こちらはダイワとのコラボレーションで、ダイワピュアというブランドも非常に人気があります。

シルエットはカーゴパンツがベースで、少しゆとりがあります。これが今っぽい雰囲気を漂わせています。

裾幅もあり、丈の長さも膝より少し短い程度で、数年前のショートパンツよりやや長めです。

サイドにポケットが付いていますが、ロング丈のカーゴパンツよりもボリューム感が強く出すぎず、使いやすいです。

カラーはブラックとライトグレーがある

カラー展開はブラックとライトグレーがありますが、個人的にはブラックがおすすめです。

プルオーバータイプのTシャツやオープンカラーシャツと合わせても相性が良いです。

足元は、白系のレザースニーカーやニュー・バランスのスニーカーなど、少しボリューム感のあるものを合わせると良いでしょう。

夏の軽快なショーツとして、ワイド感があり、サイドポケットが付いたカーゴパンツは、今年らしい雰囲気を漂わせます。

おすすめボトムス3本をゲットしてスタイリングを快適にしよう

以上、大人の夏のボトムスはこの3本だけあれば良いという内容でお届けしました。

数多くのボトムスから厳選して3本にまとめましたが、それぞれ立ち位置が異なります。

まず、綺麗目なベーシックなテーパードパンツは、ブラック、ネイビー、グレーから選べば間違いないです。

次に、季節感を出すためにホワイト系のパンツを揃えると良いでしょう。

そして3本目は、今年らしいカーゴショーツです。

これら3本があれば、ボトムスのバリエーションは十分です。

夏のボトムスは悩むことが多いですが、今回ご紹介した3本は、私自身も使っています。

ブラック系のパンツは季節を問わず使用し、白系のデニムもマストアイテムです。

外遊びには短パンを履くので、これくらいあれば十分です。

靴やトップスのバリエーションを工夫すれば、3本でも違ったスタイリングが可能ですので、ぜひ参考にしてください。

-おすすめアイテム

© 2024 メンズファッション情報局