ファッション知識

40代男性が何を着ても似合わない理由|対処法とあわせて解説

40代男性が何を着ても似合わない理由
悩む男性
最近、どんな服を着てもいまいちしっくり来ない。でも、何が悪いのかよくわからないんです。

服が悪いのか、自分が年を取ったせいなのか、流行に合っていないのか…。

そんな悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな方に向けて「40代で何を着ても似合わないと感じた時の原因と解決策」について徹底的に解説します。

40代のファッションの悩みは多くの人が抱えている

冒頭の悩み、実は多くの方が抱えているものです。

私も個人向けのスタイリストとして15年間活動してきて、特に30代後半から40代のお客様が多いのですが、彼らも同じような悩みを持っています。

最近、服が似合わないとか、ファッションがしっくり来ないと感じることは少なくありません。

なぜしっくり来ないのか?

これは、実は明確な理由があります。

多くの場合、20代の頃の着こなしとほとんど変わっていないからです。

20代の頃はファッションに興味があって、流行を追いかけたり、街で見かけたものを着たりしていました。

しかし、20代後半から結婚や仕事の忙しさで、ファッションに時間やお金をかけられなくなり、そのまま10年以上が経ってしまうことが多いです。

そして、30代後半から40代にかけて、なんだかファッションがしっくり来ないと感じるようになるのです。

自分自身の変化

10年も経つと、自分自身の見た目も変わります。

体型が変わったり、肌の張り感が変わったり、髪の毛のボリュームも変わってきます。

そういった部分と、20代後半に選んでいた服の雰囲気がうまくマッチしないことが多いのです。

また、流行も10年ぐらいのスパンで大きく変化します。

かつては細身のシルエットが主流だったかもしれませんが、今ではそれが古臭く感じられることもあります。

ストリート感のあるブランドやエッジの効いた百貨店ブランドも、今の自分には合わなくなっているかもしれません。

違和感を感じた時は変換期

こういった違和感を覚えた時は、ファッションを大きく変える変換期だと捉えてください。

誰もがこの違和感に気づくものですが、ここで2つの選択肢があります。

一つは、40代を超えてファッションにこだわらず自由に生きるという選択。

これも全く問題ありません。

おしゃれをする必要はありませんし、ファッションにこだわらない人生も素晴らしいものです。

新しい自分に合う服を見つける

一方で、今の自分に合った着こなしをして、ファッションを楽しみたいと思う方もいるでしょう。

そういった方には、思い切って今までの服を断捨離し、新しい自分に合う服に買い替えることをお勧めします。

しかし、どうすれば今の自分に合うファッションに変われるのか、何を着ても似合わない状態から抜け出せるのか、その具体策がわからないかもしれません。

今回は、その具体策について順を追って解説していきます。

40代の見直しポイント①ヘアスタイル

まず、最も効果的なのがヘアスタイルの変更です。

私がスタイリングする際には、事前にお客様の写真を一枚送っていただきます。

その写真を見ることで、ファッションそのものに問題があるのか、顔回りの印象が問題なのかを判断します。

多くの場合、ヘアスタイルが今の自分や時代の雰囲気に合っていないことがわかります。

男性は同じヘアスタイルを同じお店で続けてしまう傾向があります。

その結果、ヘアスタイルが固定化されてしまい、今の自分や時代に合わなくなってしまうのです。

ファッションも重要ですが、まずはヘアスタイルを見直すことが大切です。

ヘアスタイルがしっくり来ないと、全体の印象がまとまりません。

美容室での相談

私もお客様と一緒に洋服を買いに行く前に、美容室でヘアスタイルを整えてもらうようにお願いすることがあります。

ヘアスタイルが整えば、ファッションでの見せ方も大きく変えることができます。

40代になると大人っぽい雰囲気になり、髪も細くなったり薄くなったりすることがあります。

適切なヘアスタイルを見つけるために、美容師さんと相談することをお勧めします。

参考になるヘアスタイル

具体的にどのようなヘアスタイルが良いかについては、YouTubeで「40代 メンズ ヘアスタイル」と検索すると参考になる動画が見つかります。

また、私が特に参考にしているのは、ソ・ジソブさん、サッカー選手の鈴木啓太さん、星野源さんの3名です。

彼らのヘアスタイルは大人っぽくて清潔感があります。

写真を携帯に保存して、美容師さんと相談しながらヘアスタイルを決めるのも良い方法です。

ヘアスタイルの定期的な変更

私自身も、前髪を下ろしている時もあれば、最近は中分けのスタイルにしている時もあります。

ヘアスタイルを定期的に変えることで、今の自分や時代に合ったスタイルを保つことができます。

固定化されたヘアスタイルを避け、美容師さんと相談しながら、今の自分に合ったヘアスタイルを見つけてください。

ボリューム感のあるヘアスタイル

40代になると髪のボリュームが減ることもあります。

その場合、パーマをかけることをお勧めします。

私も3ヶ月に一度パーマをかけています。

元々は直毛ですが、パーマをかけることでボリュームが出て、元気な印象になります。

これも一つの方法として検討してみてください。

40代の見直しポイント②ファッションのサイズ感

次に重要なのはファッションのサイズ感の見直しです。

サイズ感の正解は時代とともに変わっていきます。

ジャストサイズはいつの時代でも正解ですが、現在のトレンドではタイトなシルエットはあまり合いません。

私たち30代後半から40代の世代は、若い頃にタイトシルエットが流行したため、そのスタイルを今でも保っている方が多いですが、それが現在の時代と自分の体型に合わないことが多いです。

そのため、基本的にはジャストサイズから少し緩めのサイズ感をベースに選ぶことをお勧めします。

5年以上前に買ったタイトなシルエットのものは断捨離し、適度なゆとりのあるものに切り替えるのが良いでしょう。

これにより、40代の大人世代にも似合いやすくなります。

トレンドの取り入れ方

40代以降になると、トレンドや流行から距離を置くべきという考え方もありますが、私はそれを完全に無視するのは適切ではないと思います。

大人世代になると、トレンド満載の着こなしよりもベーシックなスタイルが似合いやすいですが、若々しい見た目を保つためには、程よくトレンド感を取り入れることが重要です。

最先端のトレンドを追いかける必要はありませんが、適度に取り入れることで今の空気感に合ったファッションが楽しめます。

おすすめのアイテム

春や初夏に使えるアイテムとして、少し緩めのレギュラーカラーのシャツ、オープンカラーシャツ、薄手のニット、ブラック系の少し緩めのボトムス、白系のレザースニーカーなどがあります。

これらのアイテムは清潔感があり、大人世代に似合いやすいです。

おしゃれな方には少し退屈に感じるかもしれませんが、これらを清潔感を持って着るだけでも大人世代の素敵な着こなしができます。

見直しポイント③綺麗めを意識する

4つ目のポイントは、カジュアルな着こなしよりも少し綺麗めを意識することです。

40代以降の男性の中には、全身カジュアルなアイテムで固めている方が多いですが、これでは清潔感が欠けてしまうことがあります。

パーカーやチェック柄のシャツ、デニムパンツ、カジュアルなショルダーバッグ、ランニングシューズなどの機能性抜群のスニーカーなど、全身がカジュアルに偏ると、大人世代には似合いにくく、清潔感も失われがちです。

おしゃれ好きな方でも、ストリート系のブランドで固めたり、サイズ感がダボダボだったり、古着中心の着こなしでは、だらしなく見えてしまうことがあります。

40代の大人世代には、少し綺麗めな方向に振ることで、ファッションがフィットしやすくなります。

具体的には、シャツ系のアイテムが鉄板です。

私はTシャツの上にさらっと着る形でほぼ一年中シャツを着ています。

夏なら半袖のオープンカラーシャツ、春や秋なら長袖シャツ、冬には長袖シャツに重ね着をする形で、襟のついたシャツを持っておくと良いでしょう。

その他にも、丸首のニットも大人世代には鉄板です。

ボトムスはデニムやチノパンも良いですが、センタープレスの効いたスラックス見えするボトムスを取り入れると、より綺麗めな印象を作ることができます。

色味も意識する

パンツの中でも、グレー系やホワイト系のデニムなど、清潔感が漂うアイテムを選ぶと、雰囲気が変わります。

服が似合わないと感じた時には、きれめなアイテムを増やしてみることが重要です。

カジュアルなアイテムはもうたくさん持っているかもしれませんが、綺麗目なアイテムを加えることで、年齢や雰囲気に合ったスタイルを見つけやすくなります。

お店やブランドの見直しも重要

20代後半から30代前半に使っていたブランドを見直すことも大切です。

40代になると、程よいトレンド感を取り入れながらも、大人ぽく見える服が置いてあるお店を選ぶと良いでしょう。

セレクトショップのオリジナルは、価格帯も手ごろでデザインも派手すぎないため、大人世代に使いやすいです。

価格帯がGUやユニクロより少し高めで、トレンド感もしっかりとしているため、40代以上の方におすすめです。

服の量もポイント

40代以降は、バリエーションよりも自分の気分が上がる服をコツコツと揃えることが重要です。

ユニクロや無印良品、グローバルワークを使いながらも、セレクトショップのオリジナルをミックスすることで、バランスの良いスタイルを作ることができます。

服の量は多くなくても、自分に合ったアイテムを選ぶことで、理想的なスタイルを手に入れることができます。

メガネや時計でアクセントを!

まずは自分自身が自分のスタイリストとなることが大切です。

今回の内容を参考に、40代からファッションを見直すきっかけにしていただければ嬉しいです。

さらに、裏技を1つお伝えしたいと思います。

顔の印象を強めるために、メガネや時計などの小物が役立ちます。

特にメガネは重要で、ベーシックなスタイルにアクセントを加えることができます。

ゴールド系のパーツがついたメガネなど、顔の輪郭を引き立てるアイテムを選ぶと良いでしょう。

また、時計もアクセントになりますし、番組も1つつけることでおしゃれ感が手軽に出せます。

まとめ

今回の記事では、40代からのファッションについて解説しました。

どうしても若い頃のイメージのまま服を選んでいる方は多いので自分も当てはまらないかをしっかり確認しましょう。

客観的に他人に意見をもらうことも改善につなげる大切なポイントです。

もし疑問点等あればお気軽にご質問ください。

-ファッション知識

© 2024 メンズファッション情報局